MENU

渡瀬康英告発文の内容とは!「おねだり出たがりで県職員困惑」兵庫県知事パワハラ問題

元兵庫県西播磨県民局長の渡瀬康英さんが兵庫県の斉藤元彦知事にパワハラなどの疑惑があると告発した文書、告発文が話題となっています。

そこで、斉藤元彦兵庫県知事が元西播磨県民局長の渡瀬康英さんから告発された7項目の疑惑内容(告発文の内容)や告発した文書、告発文をめぐる経緯について紹介します。

目次

渡瀬康英の告発文内容、7項目とは

告発された兵庫県の斉藤元彦知事

元西播磨県民局長の渡瀬康英(わたせやすひで)さんが兵庫県の斎藤知事らを告発した7項目は以下のとおりです。

  1. 公務財団法人の恣意的人事
  2. 知事選での事前運動
  3. 次回選挙への投票依頼
  4. 贈答品のおねだり
  5. 政治資金パーティー券購入の圧力
  6. 優勝パレードでの公費の不正支出
  7. 職員へのパワハラ

    今年3月に元県民局長の渡瀬氏が「斎藤元彦兵庫県知事の違法行為等について」と題したA4サイズ4枚、7項目におよぶ告発文を一部の県議や報道機関に配布していました。

    公務財団法人の恣意的人事

    渡瀬氏の告発文によると、令和6年3月6日に五百旗頭真(いおきべ まこと)さんが亡くなった経緯を挙げています。

    五百旗頭(いおきべ)さんは、前兵庫県知事の井戸氏から頼まれ、兵庫県行政にも深く関わっていました。五百旗頭(いおきべ)さんは、ひょうご震災記念21世紀研究機構の理事長を務めていました。

    五百旗頭(いおきべ)さんが亡くなる前日に、副知事が五百旗頭真さんを訪れ、副理事長2名の解任を通告したと渡瀬さんは文書で書いています。

    そして、斉藤元彦知事は、井戸前知事や年長者、文化学系が嫌いで有名とし、来年1月に阪神大震災から30年の区切りの年目前にしたタイミングでの副理事長解任は、五百旗頭(いおきべ)先生と井戸前知事に対する嫌がらせ以外の何ものでもないと渡瀬康英さんは言っています。

    五百旗頭(いおきべ)さんは、その通告を受けた日、夜も寝られないほど憤慨され翌日午後、五百旗頭(いおきべ)さんは急性大動脈解離で亡くなりました。

    急性大動脈解離は激昂などの情動的ストレスがトリガーになることもあるといい、知事や副知事が何の配慮もなく行った五百旗頭(いおきべ)さんの仕打ちが先生の仕打ちを縮めたことは明白だと渡瀬氏は言っています。

    これに対し、兵庫県の斎藤元彦知事は科学的根拠もないある種の誹謗中傷と反論しています。

    五百旗頭真(いおきべ まこと)

    • 名前:五百旗頭 真(いおきべまこと)
    • 1943年12月16日~2024年3月6日
    • 職種:政治学者、歴史学者
    • 経歴:以下のとおり
    1943年 兵庫県西宮市に生まれる
      市立夙川小学校、私立六甲学院中学校・高等学校、各卒業
    1967年 京都大学法学部卒業
    1969年 京都大学法学研究科修士課程(政治学専攻)修了
    広島大学政経学部助手(政治史・外交史)
    1972年 広島大学政経学部講師(政治史・外交史)
    1976年 広島大学政経学部助教授(政治史・外交史)
    1977年8月~1979年8月 ハーバード大学客員研究員
    1981年 神戸大学法学部教授(日本政治史・政策過程論)
    1990年3月~1991年1月 法学博士(京都大学)
    1990年 ロンドン大学客員研究員
    2002年4月~2003年3月 ハーバード大学客員研究員

    知事選での事前運動

    令和3年7月18日執行の兵庫県知事選挙に際して、ある兵庫県職員4名が選挙期間以前から斉藤元彦(立候補予定者)について、知人等に投票依頼などの事前運動を行ったとしています。

    その県職員4名のうち1名が市役所幹部に「お前ら言うことを聞けよ」と恫喝があり、その時の県職員4名は人事のルール無視してトントン拍子に昇任していると渡瀬氏は言っています。

    それに対して、兵庫県の斎藤元彦知事は、指摘の人物は宮城県庁・大阪府庁時代からの知人であると言っていますが、投票依頼に関しては否定しています。

    次回選挙への投票依頼

    令和5年下半期から斉藤元彦兵庫県知事が次回の知事選挙時の自分への投票依頼を始めている。

    2024年2月に県の産業労働部長が様々な市町の商工会議所へ出向き、投票依頼したことを確認していると渡瀬氏は言っています。

    それに対して、兵庫県の斎藤元彦知事は、当初予算案の説明に訪問したとして、投票依頼を否定しています。

    贈答品のおねだり

    斉藤知事のおねだり体質は県庁内でも有名で、知事の自宅には贈答品が山のように積まれていると渡瀬康英さんは言っています。

    斉藤元彦兵庫県知事は視察先などを選定する際には「何が貰えるか」が判断材料で貰い物は全て独り占めしているとのことです。

    斉藤知事への贈答品
    • コーヒーメーカー
    • ロードバイク
    • ゴルフセット
    • スポーツウェア

    高級コーヒーメーカーを受け取った

     去年の8月に視察先の企業から高級コーヒーメーカーを贈呈された際、斎藤知事は「そんな品物は頂けません」と受け取りを辞退しました。 しかし、後日、随行した職員に「みんなが見ている場所で受け取れるはずないやろ。ちゃんと秘書課に送るように言っておけ!」と言って受け取ったということです。

    これが仮に事実だった場合、パワハラの範囲を超え、贈収賄や県の規定、内規からも反した行動になります。

    この件に関して、斎藤知事は「そのような指示はしていない。受け取らないように指示をした」と話しています。

    しかし、産業労働部長の原田剛治さんは「返却する指示を受けたのにも関わらず返却を怠った」として訓告処分になっています。「産業労働部長の原田剛治さんの経歴

    また、この件については、同じ産業労働部の次長だった白川智子さんが情報提供等に関わっていたと考えられます。

    産業労働部次長の白川智子さんは、渡瀬康英さんの文書(告発文)作成や流布に関わった疑いがあるとして、3月末に自己都合退職の予定を取りやめられていました。

    高級ロードバイク

    ある会社と兵庫県はスポーツ連携協定を結び、ヘルメット着用キャンペーンでを展開。撮影後、約50万のロードバイクが知事へ贈呈されたと言っています。

    斉藤知事インスタより

    ゴルフセット

    ある町から特産品のゴルフのアイアンセット(約20万円)が贈呈されていて、使いにくいからと別モデルをおねだりしたという情報もあると言っています。

    斉藤知事インスタより

    スポーツウェア

    斉藤知事はスポーツウェアをたくさん持っているがメーカーにすれば知事は動く広告塔でスポーツウェアにしても貸与といえるかどうかと渡瀬やすひで氏は言っています。

    政治資金パーティー券購入の圧力

    令和5年7月、斉藤知事の政治資金パーティーで商工会議所に圧力をかけ、パーティー券を大量に購入させたと渡瀬康英さんは言っています。

    兵庫県の斎藤元彦知事は、「副知事に一任しており、不当な圧力をかけるような指示はしていない」と否定しています。「片山安孝副知事の経歴

    優勝パレードでの公費の不正支出

    斉藤知事インスタより

    令和5年11月のプロ野球阪神・オリックスの優勝パレードでの公費不正支給があったと渡瀬康英さんは言っています。

    「県費をかけない」方針でクラウドファンディングや企業から寄付を募ったが必要額が集まらなかった。

    そこで、信用金庫への県補助金を増額し、それを募金としてキックバックさせて補ったが、担当者は強いストレスを感じてうつ病を発症、現在病気療養中。

    それに対して、県の幹部は、告発にあるキックバックの有無まではわからないが、兵庫県側は地元の金融機関、交通など、県と結びつきが強い協賛企業が多く名前を連ねたのは事実。パレードの担当職員が病気療養しているのも事実だと言っています。

    職員へのパワハラ

    斉藤知事のパワハラは職員の限界を超え、あちこちから悲鳴が聞こえてくると渡瀬やすひでさんは言っています。

    兵庫県の斎藤知事のパワハラ内容
    • 気に入らないことがあると関係職員を怒鳴りつける
    • 担当者を執拗に責め立てる
    • 知事レクの際に気に入らないことがあると机を叩いて激昂
    • 幹部へのチャットでは夜間休日など関係なく指示が入る
    • 気に入らない職員の場合、対応が遅れると非難され、すぐレスすると文句を言う
    • 人事異動も生意気だとかで左遷された職員が大勢いる

    ポスターやチラシに知事の顔がなく激怒

    また、兵庫県議会議員の独自アンケートの結果でも、

    斎藤知事が“はばタンPay+”のポスター・チラシに「自分の顔写真がない」と激怒したことが兵庫県議会議員のアンケートに書かれていました。その後、第2弾のポスター・チラシには斎藤知事の顔が加わりました。この件以降、ポスター・チラシなどには知事の顔をつけなければいけないというのがルールとして徹底されたということです。

    この件に関して、斉藤知事は「産業労働部が議論をして効果的に発信するために、知事の写真を使うという提案をされたと認識している。議論の中で私とコミュニケーションしながら決めた」と答えているということです。

    はばタンPay+(第一弾)

    はばタンPay+(第二弾)

    はばタンPay+(第三弾)

    確かに、はばタンPay+の第二弾ポスターから斉藤知事の顔写真付きになっています。

    告発した元西播磨県民局長の渡瀬康英が死亡

    死亡した元西播磨県民局長の渡瀬康英さん

    渡瀬やすひで(元西播磨県民局長)さんが7月7日に亡くなりましたが死亡理由については明らかになっていません。

    しかし、一部報道では自殺ではないかと言われています。なぜ、渡瀬氏が自殺することになったのか詳しくは「渡瀬康孝さん死亡原因は私的内容の公表を恐れてか」をお読みください。

    斉藤元彦知事は辞職否定

    会見する兵庫県の斎藤知事

    兵庫県の斎藤元彦知事のパワハラなどを告発した元幹部の男性職員が死亡したことを受け、7月10日県職員の労働組合が知事に対して辞職を求める申し入れを行いました。

    それに対し、斎藤知事は改めて辞職を否定しました。

    そして、斎藤知事は「改めて、職員が亡くなったことは心からお悔やみを申し上げる。組合からの申し入れがあったが、大変重く受け止めている。県職員の皆様に申し訳ないと思っている。

    責任ある対応として百条委員会の調査などを対応するのが第一だと考えている。よりよい県政を立て直すのが責務」と語りました。

    斉藤知事は副知事から辞職を進言されるも断固拒否

    7月12日片山安孝副知事は報道陣からの取材で、斎藤知事に計5回にわたり辞職を進言したが、「選挙で県民の負託を受けている」と断られたといいます。

     また、知事について「新型コロナウイルス対応や若者・Z世代の支援など、進めてきた政策は評価できる」としました。

    一方、「コミュニケーション能力に問題があった」と指摘していました。

    片山安孝副知事が辞職表明、7月末で退任

    辞職を表明した片山安孝副知事

    7月12日片山安孝副知事が県庁で報道陣の取材に応じ、「辞職は6月上旬ごろから考え始め、県政の停滞を招いたことを重く受け止め、責任を取らなければと考えた」と辞職する意向を表明しました。

    同日午後に辞表を提出し、31日付で退任するということです。「片山安孝さんの経歴を紹介!剣道で培った誠心

    辞職の理由

    • 議会と十分な信頼関係が築けず、職員との間にも大きな溝があった
    • 百条委員会を設置する事態に至り、職員に大きな負担をお願いすることになった責任がある

    渡瀬康英(元西播磨県民局長)告発文をめぐる経緯

    元西播磨県民局長の渡瀬康英氏が兵庫県知事への告発文書をめぐる問題の経緯は以下のとおりです。

    3月中旬 当時、西播磨県民局長だった渡瀬氏が、斉藤元彦知事や県幹部の言動を「違法」「パワハラ」とする7項目の疑惑を記した文書を報道機関や県議らに郵送
    3月25日 県民局長わたせ氏が勤務する西播磨県民局に副知事と人事課長が乗り込み、県民局長渡瀬氏のパソコンを押収
    3月27日 県人事課が西播磨県民局長の渡瀬氏を解任(降格、総務部付)し、3月末での退職も認めないと発表。斉藤知事は会見で、文書内容は「うそ八百」などと批判
    4月4日 元県民局長の渡瀬氏が文書内容の一部について、県の制度に基づいて公益通報
    4月16日 県は文書に書かれた疑惑に関連し、産業労働部長の原田剛治が県内企業から高級コーヒーメーカーなどを受け取っていた事実を常任委員会で報告
    5月7日 県が「文書の核心的な部分が事実ではない」などとして元県民局長わたせ氏を停職3カ月の懲戒処分に、産業労働部長の原田氏を訓告とすると発表
    5月21日 県議会が斉藤知事に第三者機関による疑惑の真偽の再調整を要請し、知事が設置を表明
    6月13日 県議会が7項目の疑惑を調べる百条委員会を設置
    6月27日 百条委が7月19日に元県民局長の渡瀬氏を証人尋問すると決定
    7月7日 元県民局長の渡瀬氏が死亡
    7月8日 緊急理事会で告発文とは無関係の資料について開示の要求をしないことを決議
    7月12日 片山安孝副知事が辞職表明、今月末で退任

    元県民局長の渡瀬氏が亡くなった7月7日以前に緊急理事会が7月8日に開かれることが決まっていました。

    そして、7月19日に百条委員会が開かれ、元県民局長の渡瀬氏から証人尋問する予定でした。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    目次