MENU

斉藤元彦パワハラエピソードがヤバい!「都合が悪くなると逆ギレ」兵庫県知事告発文書

兵庫県の斉藤元彦知事が職員へのパワハラ疑惑問題ですが、斉藤元彦知事のパワハラエピソード・内容とは一体、どういうものだったのでしょうか。

斉藤元彦、兵庫県知事のパワハラエピソード・内容について調べてみました。

目次

斉藤元彦パワハラエピソード

元県民局長による告発文書

元県民局長の渡瀬康英さんによる告発文書には兵庫県の斎藤知事のパワハラ内容の記載がありました。

そして、告発文書の中には知事のパワハラは職員の限界を超え、あちこちから悲鳴が聞こえてくるなどと書かれていました。

20メートル手前で降車させられブチギレ

出張先の施設エントランスが自動車進入禁止のため20メートルほど手前で公用車を降りて歩かされただけで出迎えた職員関係者を怒鳴り散らしたと言われています。

それに、対して斉藤知事は6月20日円滑な動線の確保を図るべきだったと厳しく注意したとし、告発を一部認めています。

自分の知らないことが耳に入ると職員を責める

自分が知らないことがテレビで取り上げられ評判になったら、「聞いていない」と担当者を呼びつけて執拗に責めたてる。

知事レクで気に入らないことがあると激怒

知事レクの際に気に入らないことがあると机を叩いて激怒する。

休日夜間関係なく知事から指示が入る

幹部へのチャットで夜中、休日など時間関係なく指示が矢のように飛んでくる。

対応が遅れると非難し、すぐレスすると文句を言う

斉藤知事は、日頃から気に入らない職員の場合、対応が遅れると「やる気がないのか」と非難する。

一方で、すぐにレスすると「こんなことで僕の貴重な休み時間を邪魔するのか」と斉藤知事は文句を言う。

生意気など理由に大勢の職員が左遷

人事異動も生意気だとか気に入らないというだけで左遷された職員が大勢いるといいます。

ポスターやチラシに知事の顔がなく激怒

兵庫県議会議員の独自アンケートの結果でも、

斎藤知事が“はばタンPay+”のポスター・チラシに「自分の顔写真がない」と激怒したことが兵庫県議会議員のアンケートに書かれていました。その後、第2弾のポスター・チラシには斎藤知事の顔が加わりました。この件以降、ポスター・チラシなどには知事の顔をつけなければいけないというのがルールとして徹底されたということです。

この件に関して、斉藤知事は「産業労働部が議論をして効果的に発信するために、知事の写真を使うという提案をされたと認識している。議論の中で私とコミュニケーションしながら決めた」と答えています。

はばタンPay+(第一弾)

 

はばタンPay+(第二弾)

 

はばタンPay+(第三弾)

確かに、はばタンPay+の第二弾ポスターから斉藤知事の顔写真付きになっています。

謎の15分ルール

庁外での公務イベント時には、目的地に15分前に着かないと激怒。就任以来、この時間が守れず、知事の送迎担当の運転手(県職員)を強制的に交代させられた者が多数。

15分前に着かない場合、随行の秘書が罵倒される。

斉藤元彦知事は辞職否定

会見する兵庫県の斎藤知事

兵庫県の斎藤元彦知事のパワハラなどを告発した元幹部の男性職員が死亡したことを受け、7月10日県職員の労働組合が知事に対して辞職を求める申し入れを行いました。

それに対し、斎藤知事は改めて辞職を否定しました。

そして、斎藤知事は「改めて、職員が亡くなったことは心からお悔やみを申し上げる。組合からの申し入れがあったが、大変重く受け止めている。県職員の皆様に申し訳ないと思っている。

責任ある対応として百条委員会の調査などを対応するのが第一だと考えている。よりよい県政を立て直すのが責務」と語りました。

斉藤知事は副知事から辞職を進言されるも断固拒否

7月12日片山安孝副知事は報道陣からの取材で、斎藤知事に計5回にわたり辞職を進言したが、「選挙で県民の負託を受けている」と断られたといいます。

 また、知事について「新型コロナウイルス対応や若者・Z世代の支援など、進めてきた政策は評価できる」としました。

一方、「コミュニケーション能力に問題があった」と指摘していました。

片山安孝副知事が辞職表明、7月末で退任

辞職を表明した片山安孝副知事

7月12日片山安孝副知事が県庁で報道陣の取材に応じ、「辞職は6月上旬ごろから考え始め、県政の停滞を招いたことを重く受け止め、責任を取らなければと考えた」と辞職する意向を表明しました。

同日午後に辞表を提出し、31日付で退任するということです。

辞職の理由

  • 議会と十分な信頼関係が築けず、職員との間にも大きな溝があった
  • 百条委員会を設置する事態に至り、職員に大きな負担をお願いすることになった責任がある

元西播磨県民局長の渡瀬康英が告発した文書をめぐる経緯

元西播磨県民局長の渡瀬康英氏が兵庫県知事への告発文書をめぐる問題の経緯は以下のとおりです。

3月中旬 当時、西播磨県民局長だった渡瀬氏が、斉藤元彦知事や県幹部の言動を「違法」「パワハラ」とする7項目の疑惑を記した文書を報道機関や県議らに郵送
3月25日 県民局長わたせ氏が勤務する西播磨県民局に副知事と人事課長が乗り込み、県民局長のパソコンを押収
3月27日 県人事課が西播磨県民局長の渡瀬氏を解任し、3月末での退職も認めないと発表。斉藤知事は会見で、文書内容は「うそ八百」などと批判
4月4日 元県民局長の渡瀬氏が文書内容の一部について、県の制度に基づいて公益通報
4月16日 県は文書に書かれた疑惑に関連し、産業労働部長が県内企業から高級コーヒーメーカーなどを受け取っていた事実を常任委員会で報告
5月7日 県が「文書の核心的な部分が事実ではない」などとして元県民局長わたせ氏を停職3カ月の懲戒処分に、産業労働部長を訓告とすると発表
5月21日 県議会が斉藤知事に第三者機関による疑惑の真偽の再調整を要請し、知事が設置を表明
6月13日 県議会が7項目の疑惑を調べる百条委員会を設置
6月27日 百条委が7月19日に元県民局長の渡瀬氏を証人尋問すると決定
7月7日 元県民局長の渡瀬氏が死亡
7月8日 緊急理事会で告発文とは無関係の資料について開示の要求をしないことを決議
7月12日 片山安孝副知事が辞職表明、今月末で退任

元県民局長の渡瀬氏が亡くなった7月7日以前に緊急理事会が7月8日に開かれることが決まっていました。

そして、7月19日に百条委員会が開かれ、元県民局長の渡瀬氏から証人尋問する予定でした。

まとめ

斉藤知事の職員へのパワハラエピソード・内容について見ていきました。

斉藤知事によるパワハラエピソードは自分の都合が悪くなると激怒したり、職員を責めたてたりと自己中心的な内容のものばかりでした。

斉藤知事は自身の辞職を否定していますが、今後の動向に注目していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次