MENU

メッツ・ロペスが退場、戦力外へ!大谷翔平に14号2ラン打たれた後、何があった⁉今後どうなる?

メッツの右腕ロペスは29日、ドジャース戦の8回に登板し、ドジャースの大谷翔平選手から被弾後、暴言で退場処分となり、その後DFA(戦力外)になったという報道がありました。

なぜ、ロペスは暴言を吐いたのか、そして、なぜメッツからDFA(戦力外)通告されたのかお伝えしていきます。

ホルエ・ロペス

  • 生年月日(年齢) 1993年2月10日(31歳)
  • 出身地 プエルトリコ
  • 身長/体重 190㎝/90㎏
  • 投打 右投右打
  • タイトルや実績 2022年オールスター選出1回
  • 通算防御率 5.40
  • 年俸 2023年352万ドル (現在のレートで約5億3,872万539円)
目次

メッツ・ロペスが退場になった問題行動

メッツの右腕ロペスは29日ドジャース戦の8回に登板しドジャース・大谷翔平選手に左翼へダメ押しの2ランを浴びました。

その後、フリーマンの打席でハーフスイングの判定について三塁塁審に暴言を吐き激高、退場処分を受けました。

ベンチに戻る際にはユニホームのすそを出し、グラブをスタンドに投げ入れる暴挙を起こしていました。

 

退場処分受けたロペスは感情的になったと振り返るも後悔なし

試合後、ロペスは自分の態度を振り返り、感情的になったが後悔はしていないようです。

だがロペスはフィールドでの態度について「後悔はしていない。ただ感情的になった。子どものころから野球が大好きで、野球に対して悪い感情はまったくないけど。自分はこういう人間なんだ」とひょうひょう。複数の地元メディアによると「このチームは最悪だ。明日、自分がこのチームにいるか分からない」と話したという。@日刊スポーツ

ペンペン
大谷選手から2ランHRを浴びせられ、次の打者のハーフスイング判定でイライラがMAXになってしまったんだね。気の毒だけど、あの振る舞いはやりすぎかな

メッツ・ロペス戦力外はグラブを投げ入れたことが大きな要因

デイリースポーツの記事で試合後、ロペスはカルロス・メンドーサ(監督)、デビッド・スターンズ(GM)と会い、そこでDFAになったようです。試合終了後、現地の複数のメディアもロペスがDFA(戦力外)となる見込みだと報じています。

一番の原因はロペスがスタンドへグラブを投げ入れたことのようだと言われています。

ニューヨークポストのジョエル・シャーマン記者によると「ロペスは試合後、記者団に球団幹部とは会っていないと言った。だが情報筋によるとカルロス・メンドーサ(監督)、デビッド・スターンズ(GM)と会ったという。そしてメッツはDFAにした」とXに記した。直前には「グラブ投げ事件を受けて、DFAにする予定だ」とつぶやいており、スタンドへグラブを投げ入れたことを重く見た判断と考えられる。@デイリースポーツ

今後どうなる?

DFA(戦力外)になったロペスの今後について考えられることは以下のとおりです。

第1段階:他球団への移籍

  • 選手はDFAされた後の7日間で、ウェイバーにかけるか、他球団へのトレードの可能性を検討します。
  • ウェイバーは他球団に獲得意思があるかどうかを問うもので、もし他球団が手を挙げた場合、選手はその球団へ移籍します。
  • トレードは他球団の選手との交換です。

第2段階①:DFAされたチームのマイナーに残る

  • 他球団への移籍が決まらなかった場合、選手は所属チームのマイナーリーグに残ることを選択できます。
  • ただし、40人枠から外されているため、マイナー契約となり、待遇の低下を受けることになります。

第2段階②:FA(自由契約)になる

  • 球団からマイナー契約をオファーされなかった場合、選手はFA(フリーエージェント)になります。
  • FAは文字通り「無所属」であり、他球団からより良い条件のオファーがある可能性があります。

まとめ

現時点では、ロペスの今後についての報道は発表されていません。しかし、DFA報道が出て、ロペスの現在の年齢31歳を考えると引退の可能性もあるかもしれませんがロペスの成績等からして引退の可能性は低そうです。

でも、もしこのまま引退すると本人にとっても後味の悪いものになるにちがいありません。ロペスの今後の動向が気になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次